東伯郡の三朝温泉-「美薬の湯」として愛されるラドンの名湯

「美薬の湯」として愛され続けるラドンの名湯
倉吉の南東、三朝川沿いの山間部に位置する古湯・三朝温泉は、850年以上前に侍が白狼を助けたお礼に、白狼が温泉を教えてくれたのがはじまりと伝わります。外湯は、開放的な川岸の混浴露天風呂で知られる「河原風呂」をはじめ、三朝の元湯「株湯」や公衆浴場の「たまわりの湯」などがあります。温泉には、世界屈指の高濃度を誇る「ラドン」が含まれていて、自然治癒力の向上を促す「ホルミシス効果」があるのが最大の特徴です。

詳細情報

名称三朝温泉
住所〒 鳥取県東伯郡三朝町三朝
アクセス【 車 】 JR米子駅から約70分、米子空港から約90分
【電車】JR米子駅から約60分(倉吉駅下車)+バス20分(三朝温泉下車)すぐ
【バス】米子駅から約65分(倉吉駅下車)+20分(三朝温泉下車)すぐ、米子空港から約90分(倉吉下車)+20分(三朝温泉下車)すぐ
電話番号0858-43-0431(三朝温泉観光協会)
ホームページ三朝温泉観光協会・三朝温泉旅館協同組合
営業時間終日(各店舗・施設によって営業時間制限あり)
定休日なし(各店舗・施設によって定休日あり)
駐車場あり
QRコード 東伯郡の三朝温泉-「美薬の湯」として愛されるラドンの名湯

口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。お名前はニックネーム可。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「口コミを送信する」ボタンを押してください。