東伯郡三朝町の投入堂(三佛寺奥院)-断崖に建つお堂!

標高900mの三徳山は、706(慶雲3)年の開山時から修験道の修行の場として使われたため、山全体に史跡が点在しています。なかでも山の中腹に位置する投入堂(国宝)は、平安時代後期創建の断崖に建つお堂で、山岳仏教の霊場という雰囲気を今に伝えています。三佛寺の参道入口から投入堂までの登山は、鎖をつたって崖を登る「クサリ坂」をはじめ、いくつかの難所があるので注意が必要です。ご参拝までの所要時間は片道約50分。

詳細情報

名称投入堂(三佛寺奥院)
住所〒 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
アクセス【 車 】 JR米子駅から約80分、米子空港から約100分
【電車】JR米子駅から約60分(倉吉駅下車)+バス約40分(三徳山下車)すぐ
【バス】米子駅から約65分(倉吉駅下車)+約40分(三徳山下車)すぐ、米子空港から約90分(倉吉駅下車)+約40分(三徳山下車)すぐ
電話番号0858-43-2666(三徳山三佛寺) 0857-43-0431(三朝温泉観光協会)
ホームページ三徳山三佛寺
営業時間参詣時間  8:00〜17:00 投入堂入山 8:00〜15:00
定休日なし
駐車場あり
QRコード 東伯郡三朝町の投入堂(三佛寺奥院)-断崖に建つお堂!

口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。お名前はニックネーム可。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「口コミを送信する」ボタンを押してください。